医療脱毛の【徹底比較15クリニック】これでもう迷わない!

医療脱毛の比較【全身脱毛の料金】

医療脱毛の比較と言っても重視するポイントは人それぞれだと思います。
そこで、多くの方が最も重視するであろう料金を主要なクリニックで比較してみました。
ワキやVIOと言った部位別の料金もいいですが、全身脱毛(顔・VIOなし)の料金で比較するのが一番公平なので、ここでは全身脱毛の料金比較表を紹介します。

 

医療脱毛の比較【全身脱毛の料金】

クリニック名

全身脱毛料金(顔・VIO除く)

備  考

総額(税込)

月額払い

回数

ブラン
クリニック

103,680円

3,300円×36回

4回

土日祝は+3,000円

メアリ
クリニック

147,960円

3,400円×60回

5回

オープン記念
レジーナクリニック

204,120円

7,344円×36回

5回

 
KMクリニック

213,840円

分割可

5回

キャンペーン料金

ドクター松井
クリニック

269,028円

8,500円×36回

5回

 

新宿クレア
クリニック

284,310円

8,000円×36回

5回

 

アリシア
クリニック

288,750円

6,000円×60回

5回

通常プラン

湘南美容外科
クリニック

435,370円

13,300円×36回

6回

湘南美容外科のみ

顔・VIO含む料金

リゼクリニック

298,000円

13,000円×24回

5回

 

マリア
クリニック

298,000円

10,200円×36回

5回

 
椿クリニック

360,000円

9,800円×36回
※5回コース

6回

平日限定プランなら

298,000円

渋谷美容外科
クリニック

270,000円

5,800円×60回

5回

うなじ/首/胸/腹部

を除く

聖心美容
クリニック

341,280円

分割可

5回

 

サクラアズ
クリニック

354,240円

7,452円×48回

5回

 

フェミー
クリニック

378,000円

分割可

5回

 

 

医療脱毛の比較【その他の項目】

次に料金以外で、医療脱毛の比較に役立つ項目を表にまとめてみました。
脱毛機に関しては後ほど詳しく説明しますが、複数のマシンを導入しているクリニックでは部位や肌質・毛質に合わせて使い分けができるのが大きな魅力です。

 

医療脱毛の比較【脱毛機・診療時間・地域・口コミ】

クリニック名

脱毛機

診療時間

地域

口コミ

アリシア
クリニック

ライトシェア・
デュエット

11:00〜20:00

池袋/新宿/渋谷
銀座/上野/立川
横浜/船橋/大宮
表参道/柏

新宿クレア
クリニック

メディオスター
NeXT PRO/
ライトシェア・
デュエット

11:00〜20:00
月曜のみ
12:00〜21:00

 

※渋谷院は土日のみ
11:00〜20:00

新宿/渋谷

レジーナ
クリニック

ソプラノアイス・
プラチナム/
ジェントル
レーズ・プロ

月〜金
12:00〜21:00
土日祝
11:00〜20:00

梅田/銀座/

渋谷/博多天神

リゼクリニック

メディオスター
NeXT PRO/
ライトシェア・
デュエット/
ジェントルYAG

10:00〜20:00
各院少し違う

新宿/渋谷/横浜
梅田/神戸/京都
心斎橋/名古屋
仙台/新潟/広島
福岡他

マリア
クリニック

メディオスター
NeXT PRO/
ジェントルレーズ

10:00〜19:00

新宿/横浜/町田
大宮/沖縄

フェミー
クリニック

ベクタス/
ライトシェア/
ジェントルMAX/
ジェントルYAG/
ジェントルレーズ

月〜土
11:00〜20:00
日・祝
10:30〜19:00

渋谷/新宿/池袋
銀座/梅田
心斎橋

聖心美容
クリニック

ソプラノアイス・
プラチナム/
スムースクール/
プロウェーブ/
コメット/
エリート/

10:00〜19:00
一部の院は
10:00〜17:00

札幌/東京/大宮
横浜/熱海
名古屋/大阪
広島/福岡

湘南美容外科
クリニック

ジェントルレーズ

10:00〜19:00
夜間営業の院
12:00〜21:00

全国50院以上

椿クリニック ソプラノアイス

月〜土
11:00〜20:00
日・祝
10:00〜19:00

銀座/自由が丘
心斎橋/名古屋

ドクター松井
クリニック

ライトシェア・
デュエット

11:00〜20:00 新宿

KMクリニック

メディオスター
NeXT PRO

11:00〜19:00 新宿/銀座

渋谷美容外科
クリニック

ジェントルレーズ 各院によって違う

渋谷/新宿
池袋/横浜

×

メアリ
クリニック

メディオスター
NeXT PRO

10:00〜19:00 横浜

ブラン
クリニック

メディオスター
NeXT PRO

10:00〜20:00
水曜日のみ
12:00〜22:00

銀座/名古屋

サクラアズ

クリニック

ジェントル

マックス・プロ/
ジェントル
レーズ・プロ/
ジェントルレーズ

10:00〜20:00 心斎橋/京橋

 

以上、医療脱毛を比較する上で重要な要素【料金と脱毛機・診療時間・地域・口コミなど】をご紹介しました。
表の中で紹介した比較ポイントについて、もう少し詳しく知りたいという方はこちらをクリックして下さい。
医療脱毛を比較するポイントの詳しい説明

 

この後は総合的に編集部がおすすめするクリニックをランキングで紹介していきます。

医療脱毛総合ランキング

アリシアクリニック

アリシアクリニック

  • 都内9院+近隣で5院
  • 2ヶ月に1回通えるスピードプラン登場
  • 脱毛し放題のコースも安い
  • 色素沈着が防げるケアアイテム

東京、神奈川、千葉、埼玉に現在8院を構えるアリシアクリニックです。
以前は全身脱毛は5回、8回、脱毛し放題の3コースが基本でしたが、8回を選択される方が多いため全身脱毛8回がメインのスピードコースが登場しました。
スピードコースでなければ従来通りの5回コースも選択できますし、9回以上脱毛するなら最初から脱毛し放題を選んだ方がお得です。
アリシアクリニックではVIO脱毛が2種類あって(スムースとビューティ)、スムースの方なら粘膜まで脱毛できるというのもポイントです。
セットプランで契約した方には自宅でアフターケアができる薬用ローションやピーリング石鹸などのプレゼントがあるのもうれしいですね。

 

アリシアクリニックの公式サイトはこちら
http://aletheia-clinic.com/

 

 

 

レジーナクリニック

  • 2017年開業の新規クリニック
  • 2種類の最新マシン導入
  • 平日21時まで診療時間あり
  • 脱毛料金以外の追加費用なし

2017年開業のレジーナクリニックは現在は大阪梅田/銀座/渋谷/博多天神の4院のみですが、その圧倒的な安さで早くも人気クリニックの仲間入りですね。
使用マシンがソプラノアイス・プラチナムとジェントルレーズプロというチョイスも素晴らしく、痛みを軽減してより多くの肌質のお客さんに高い効果を出せる脱毛機です。
平日は診療時間が21時まであるので、特に仕事帰りに通いやすく、知名度はまだまだ低いので今なら予約もラクラク取れちゃいますね。

 

レジーナクリニックの公式サイトはこちら
http://www.reginaclinic.jp/

 

 

 

リゼクリニック

ワガママ月額

  • 全国に13院+提携院6院
  • 痛みを軽減できる最新マシンを含む3種類のマシンを使い分け
  • スタッフの対応が丁寧
  • 脱毛専門クリニック(一部美容メニューあり)

ここ数年で一気にクリニック数も増えて、同時に超人気クリニックになりましたリゼクリニックです。
安さとホスピタリティが特に高い評価のクリニックで、口コミサイト等でも軒並み高評価を得ています。
業界最安値水準の料金設定に加え、最新マシンを含む3機種での使い分けなどで痛みや肌のダメージを抑える工夫もしています。
5回の契約で5回の施術を完了後に、継続をご希望の方には6回目以降の施術料金が定価の半額になるというサービスもうれしいですね。
人気の全身脱毛は医療ローンを利用した月額払い13,000円から始められます。

 

リゼクリニックの公式サイトはこちら
http://rize-clinic.com/

 

ブランクリニック

  • 全国最安値の全身脱毛
  • 看護師+アシスタントの2名で施術
  • 備品は全て使い切りで清潔
  • 水曜日は22時まで診療

全身脱毛が全国一安いブランクリニックです。
4回で103,680円(96,000円+税)なので5回換算でも129,600円、ただし土日祝の施術は+3,000円必要です。
銀座と名古屋にしか院はありませんが、この料金でメディオスターNeXT PROですから、通える範囲にお住まいの方は即決ものですよね!
まだ知名度は高くなくて、且つ2名体制の施術なので今後しばらくは予約は抜群にとりやすいクリニックと言えるでしょう。

 

ブランクリニックの公式サイトはこちら
http://branc-clinic.jp/

 

 

 

湘南美容外科クリニック

メディカルエステわき無制限

  • 全国に50院以上を展開する大手クリニック
  • 全身脱毛は顔+VIO含む6回で月払い13,300円から(36回払い)
  • 両わき脱毛無制限3,400円
  • エステからの乗り換えで格安トライアルあり

テレビCMでもお馴染みの湘南美容外科クリニックは安さでも人気のクリニックです。
全身脱毛の基本コースは6回で顔+VIO付きなのでリゼクリニックやアリシアクリニックなどとの比較は難しいですが、両わき無制限3,400円は文句なしに激安。
美容外科でありながら、脱毛サロンのように強引なセールスをしないなど、徹底したサービスで根強い人気を誇ります。
人気がありすぎて、一部のクリニックで予約が取りにくいなどの口コミも見られます。
エステからの乗り換えでトライアル価格になるなどのサービスも人気の秘密です。

 

湘南美容外科クリニックの公式サイトはこちら
http://sbc-clinic.com/

 

 

惜しくもランキング外のクリニック

各クリニック名をクリック(タップ)すると公式サイトへリンクしています。

 

メアリクリニック
横浜で最安、ブランクリニックとあまり変わらない超激安の全身脱毛ができます。

 

新宿クレアクリニック
新宿の超人気クリニック、アーユルヴェーダで美肌効果抜群で安い。

 

マリアクリニック
顧客満足度の高いマリアクリニックが料金引き下げで格安クリニックになりました。

 

聖心美容クリニック
清潔安心のISO認証取得で、根強い人気の聖心美容クリニック。

 

椿クリニック
平日18時までの限定プランならかなりお得な料金&トライアル充実の椿クリニック。

 

ドクター松井クリニック
昨年までは都内再安、料金据え置きで顧客満足度の高いドクター松井クリニック。

 

サクラアズクリニック
心斎橋院は3種類のプランから全身脱毛を選べ、スローペースだけど安い全身脱毛もできるサクラアズクリニック。

 

フェミークリニック
アフターフォローが充実し、お客様を大事にする口コミ評価の高いフェミークリニック。

 

渋谷美容外科クリニック
都内では渋クリの愛称で知名度が高く、平日は通いやすいです。

医療脱毛を比較するポイント

医療脱毛を比較するポイント

ここからは比較表の項目をさらに掘り下げた説明や、比較するポイントを当サイト編集部の辛口コメントを交えながら解説を加えます。

 

料金の安さ

まずは比較表の補足説明です。
・公式サイトに表示がある料金で一番比較がしやすい全身脱毛5回(顔なし・VIOなし)を基準として比較しています。
・湘南美容外科クリニックは全身脱毛のセットプランは6回で顔やVIOを含むため、湘南美容外科クリニックのみ顔・VIO含むなのでご注意ください。
・ほとんどのクリニックは全身脱毛5回コースを標準にしていますが、湘南美容外科クリニックや椿クリニックは6回、ブランクリニックは4回の設定です。
・クレアクリニックはうなじ除く、渋谷美容外科クリニックはうなじ/首/胸部/腹部を除くので、特に渋谷美容外科クリニックは実は全然安くないですね。

 

この表の中で特に安いクリニックがあるのに気付きませんか?
レジーナクリニック、メアリクリニック、ブランクリニックの3クリニックはどれも2017年に開業した新しいクリニックです。
後発の、特に脱毛専門クリニックは料金を安く抑えるための工夫を取り入れて、信じられないくらい安いクリニックが登場してきました。
ここで紹介しているクリニックは、どれも良心的な価格設定の脱毛クリニックばかりですが、それでもこんなに差が開いてしまうんですね。

 

脱毛機の種類(痛み)
痛みを軽減できる脱毛機

クリニックを選ぶ基準として、大半の方は安さとこの「痛くないか」を重要視していると思います。
現在国内で施術を受けることができる医療脱毛で、編集部が考える最も痛くない医療脱毛のマシンはソプラノアイス・プラチナムと考えています。
ソプラノアイス・プラチナムは施術中の皮膚の熱量がリアルタイムで数値化して見えるので、痛みを感じる前に調節することができるのは大きなメリットです。
そしてソプラノアイス・プラチナムが採用されてるのは聖心美容クリニックとレジーナクリニックなど、他にも導入したクリニックはありますがメディオスターNeXT PROに比べるとあまり多くないですね。

 

メディオスターNeXT PROもソプラノアイス・プラチナムとほぼ同じ蓄熱式(SHR)の原理で脱毛するため肌の色を気にせず脱毛できる最新マシンです。
従来の医療レーザー脱毛では出力の高いレーザーを毛根(毛母細胞)に照射して破壊するというものですが、これらの2機種では比較的弱いレーザーを複数回照射して熱を蓄える蓄熱式で毛根(毛母細胞)を破壊します。同時にバルジ領域と呼ばれる毛の種となる成分を作り出す場所も破壊するので効率よく脱毛することができます。

 

蓄熱式の脱毛では従来のレーザー脱毛に比べると肌へのダメージは確実に弱くなります。
しかし痛みという点では、だんだん熱くなりジワジワ痛くなるので、「まったくの無痛」とか「熱を感じる程度」などの表現は間違っています。
静電気のような痛みが連続で広がるようなイメージです。

 

最新とは呼べませんがライトシェアデュエットという脱毛マシンも痛みを軽減できるというマシンとして有名です。
ハンドピースで皮膚を吸い上げて、毛のメラミンにのみレーザーを照射できるので出力を弱くしても効果が落ちないという特徴があります。
このため施術前の皮膚を冷却するジェルも使いません。

 

ジェントルレーズ、ジェントルレーズプロ、ジェントルMAX、ジェントルYAGなど頭に「ジェントル」と付く脱毛機は全て同じメーカーが作ったマシンです。
レーザーの波長などは違いますが、全てのマシンに共通する機能として、レーザーを照射する前にハンドピースから冷却ガスを噴射する装置がついてます。
皮膚をマイナス25℃に冷やしてから照射すると熱を感じにくいので、痛みを軽減できる効果があるという訳です。

 

複数の脱毛機を導入しているメリット

リゼクリニック、フェミークリニック、聖心美容クリニックのように複数の脱毛機を所有しているクリニックは、脱毛する部位・肌質・毛質・毛量に合わせて脱毛機の使い分けができるというメリットがあります。

 

最新の蓄熱式の機種は肌の色に関係なく施術ができますので、日焼け跡の黒い肌・黒ずみやシミのある皮膚などの施術に向いています。
レーザーの波長は主に3種類あり、アレキサンドライトレーザー・ダイオードレーザー・YAGレーザーの順に波長が長く皮膚の深いところにレーザーが届きます。
一番波長の長いYAGレーザーも蓄熱式と同じように色黒の肌や色素沈着した皮膚の上から照射もでき、産毛の硬毛化・増毛化を防ぐのに効果的であると言われています。
また症状として起きてしまった硬毛化・増毛化を解消するのにもYAGレーザーは適しています。
メラニンの薄い産毛や金髪でもこれらの蓄熱式やYAGレーザーなら高い効果を発揮できるので、顔やうなじ・首から肩などの産毛が多い場所では活躍することでしょう。

 

診療時間(営業時間)

医療脱毛の診療時間も徐々に夜型にシフトしています。
エステの脱毛に比べると店舗(院)が少ないクリニックでは、土日が混みやすくなるので平日の仕事帰りに通えるような診療時間を採用するクリニックが増えてきたという訳です。
人気クリニックになる程、土日の予約は取りにくくなりますので、お仕事をされてる方は「仕事帰りに通えるか」という視点でクリニックを選んでみてはいかがでしょうか?

 

地域(立地)

休日や仕事帰り、よく利用する駅の周辺にあるかどうかなどもクリニックを選ぶ上で大切な要素です。
脱毛サロンに比べると脱毛クリニックは医療機関(病院)なのでどうしても店舗数では見劣りします。
だから通いやすい場所を選ぶというのは大切ですね。
ただ、中にはアリシアクリニックのように店舗(院)の移動が自由というクリニックもあります。

 

口コミ評価

当然ですが、口コミ評価が高いクリニックは人気です。
編集部で様々な口コミサイトを調査した結果を星の数で表示していますが、看護師・スタッフの対応が悪いクリニックが口コミ評価を落としているケースが多いようです。
お客さんの数が多くて対応が雑だったり、施術される看護師さんの対応に不満がある、または単純に予約が取りにくいから評価を落とすケースもあります。
逆に評価が高いクリニックはドクターからスタッフに至るまで接客が丁寧で、施術の際もこちらの要望をきちんと聞いてくれるなどの声が多いです。
中でもフェミークリニックは、施術後のお客さん(患者)の感想や不満を調査する専門の部署があり、そのシステムが反映されて非常に口コミ評価が高いクリニックとして有名です。

 

予約の取りやすさ

湘南美容外科クリニックやアリシアクリニックといった人気のクリニックは、都内や主要都市一部の院で予約が取りにくい状況になっています。
リゼクリニックも都内では人気のクリニックですが、東京以外では今のところ問題なく予約が取れる状況のようです。
予約が取りにくいのは人気の裏返しなので、人気のないクリニックは予約がとりやすいという事にもなります。
新規開業したクリニックや既存の人気クリニックでも新しくオープンした院を狙うのもおすすめです。

 

その他料金

医療脱毛を契約した料金は当然必要ですが、クリニックによってはその他にも各種料金が請求されます。
カウンセリング料、初診料、再診料、テスト照射代、処置料、剃毛料(シェービング代)、アフターケアクリーム代(薬代)、予約キャンセル料など。
後発のクリニックではこれら全てが無料のクリニックもありますが、実際に同じ名目で普通に請求されるクリニックもあります。
他には打ち漏れや肌トラブルがあった場合の再照射料金、肌トラブルがあった際の治療代や薬代なども請求されるクリニックとされないクリニックに分かれます。

 

医療脱毛の料金を月額払いにした場合、通常は医療ローンを利用することになります。
その場合考えないといけないのは金利(利息)の部分です。
分割手数料と表現される場合もありますが、例えば月額1万円×36回払いを一括で払ったら30万円のコースの場合、差額の6万円は金利に該当します。
この医療ローンの分割金利手数料が0円というクリニックも実際にあります(新宿クレアクリニックなど)。
金利が無料、または安いけどローンの解約に解約手数料がかかる場合もありますので、ご注意ください。

医療脱毛のメリットとデメリット

医療脱毛とエステの脱毛の違いとは?

医療脱毛を選ぶか方は年々増えています。
以前ならエステの脱毛と比べると高くて痛いというイメージが強かったですが、近年は痛くない脱毛マシンが増えて料金もかなり安くなった印象があります。
脱毛サロンも競争が激しくなり、マシンの高機能化によってスピード脱毛コースが一気に増えました。
一部のサロンでは「半年で卒業」といったようなキャッチフレーズのサロンも登場、短期間で脱毛完了をイメージさせるようなアピールが増えてきました。

 

ここで敢えて書かせて頂きますと「半年で卒業」はサロンの脱毛ではあり得ないですね。
半年で卒業をアピールしているサロンの多くは半年で6回の施術ができることを卒業としています。
ですが通常、脱毛サロンの施術を6回受けてもつるつるにはなりません。
脱毛サロンの場合は、一般的に12回〜18回が標準的な脱毛完了の目安となります。
いくらスピードマシンだからと言っても1回あたりの脱毛効果は従来とほぼ変わりませんので、6回で卒業できるという訴求はハッキリ言って誇張です。

 

それに対して医療脱毛では5、6回の施術で本当につるつるになり得ます。
実際個人差もありますし、部位によっても差が出てきますので目安としては5〜8回が妥当でしょう。
医療脱毛の主要クリニックのお得なセットプランは5回に設定されていることが多いですが、これはほぼ自己処理が不要になる程度までの脱毛効果が期待できます。
人や部位によってはさらに回数の追加が必要になるかも知れませんが、実際に5回で満足されて脱毛を終える方が多くいらっしゃいます。

 

脱毛サロンの多くは見た目の安さを競うことが多いので、特に人気部位である「両わき」や「Vライン」で激安なキャンペーン価格にしてお客さんを大量に増やしています。
一部が自己処理不要になれば他の部位も脱毛したくなるので、追加の契約を取って初めて採算が取れる仕組みです。
この追加契約で12回や18回通えば、それなりの高額な契約になりますしトータルの支払い総額で比較すれば医療脱毛とたいして変わらない金額になったりもします。

 

だったら、少しでも早く終わる医療脱毛に最初からしておけばよかった!となりませんか?
その事実に気づいた方は脱毛サロンに通ってる途中からでも医療脱毛に乗り換えるでしょう。
乗り換えた方の多くは、これから脱毛を始める知人には医療脱毛を勧めるでしょう。

 

トータルでの費用はあまり変わらずに早く終わる
簡単に言うと医療脱毛のメリットはこんなトコですね。